代表の青田は幼少期からずっとずっと鉄道マニアです。大好きな鉄道とデザインをコラボしたホームページ「湘南高速鉄道」というページをずっと続けて来ましたが、2014年に一度、更新を終了しました。ですが、ページだけが残る今でもアクセス数は定期的に伸びていて、やはり続けなきゃなと思いました。

とにかく、このページは、ただただ趣味を語るページですので、ご興味ある方だけじっくりと、あまり興味ない方は、あっさりと見ていただければと思います。

JR東海道線(東日本地区)のグリーンとオレンジの所謂、湘南色という組み合わせが好きで、その発展から、同じ路線地区にこんな鉄道があったら嬉しいなという思いで、東京と静岡県の天竜を結ぶ鉄道として考えたのが湘南高速鉄道の始まりでした。

 

ちなみに東海道線のグリーン・オレンジは、1950年に誕生した80系電車が、みかんのオレンジとお茶のグリーンをイメージした色味で装飾されたのが始まりと言われています(諸説あり)。また、東北線(宇都宮線・高崎線系統)でも同じ色味が使用されているのは、東北線電化の際に80系電車が増備され、色味もそのまま使用された名残であるそうです。

 

そんな東海道線をモチーフに路線図を作成しました。そして、その基本路線図から、様々な支線が生まれ、架空鉄道として完成していきました。

デザインの学校を卒業する際に、本格的にポスターやICカード、ジオラマやホームページをデザインして展示しました。その名残で、今でも少しづつこの湘南高速鉄道の空想を描き続けています。

JR東海道線(東日本地区)を走っていた

113系電車(現在は引退)

湘南高速鉄道の管理人の鉄道忘備録とでもいったらいいでしょうか。とくに公開したいわけじゃないけど、鉄道を研究しているものをまとめる場所がないので、勝手にここに掲載してます。情報間違ってたら、ぜひ、教えてください。

>>さらば、京成3500未更新車

2017.02.18

>>さよなら銀座線01系

2017.01.29

>>つくばエクスプレスのカラーを見てみよう

2017.01.13

>>小田急電鉄のカラーを見てみよう

2017.01.10

Copyright © 2009-2017 STUDIO FNC All Rights Reserved.