STUDIO FNCは会社じゃないんです。団体です。

わたしたちの活動の始まりは趣味の活動でした。〝好きなことを好きなだけやる〟という趣旨のもと、団体を設立しました。シェアオフィスを借りて、横浜でスタートしてから南青山、日本橋と拠点を変え、今は東京と秋田、2つの拠点で活動を展開しています。

そんな私たちは、個々にデザインのお仕事もいただき、積極的に行なっています。ご依頼は、是非、メールフォームよりお待ちしております。

>>> TOKYO MAIN OFFICE

>>> AKITA SUB OFFICE

東京オフィスは、新宿からアクセス良好。常に最先端のモノを取り入れるために刺激の多いこの地を中心に活動しています。メンバーは全員東京生まれ、東京育ち。愛着のある地で今も追求し続けています。

秋田オフィスは、期間限定のオフィスです。代表の青田が地域おこしの活動のために、秋田へ移住しているため、一時的に設置を行なっています。

>>> FNC LIGHTGREEN【D9E021】

>>> FNC BENIKIKYO【9C308D】

STUDIO FNC立ち上げ時からずっと変わらぬ色。代表の青田が大好きな色で、日本食の鴨緑色をモチーフに調合した色合い。明るく元気に楽しくをテーマにした明るいカラーです。

2017年に新設定された紫。今までのピンク・水色のイメージから脱却すべく、紅桔梗色をモチーフに調合した紫です。副代表の富田の大好きな色で、重厚感ある落ち着きを表現しています。

代表 >>> 青田 竜之介

副代表 >>> 富田 真央

1988年生まれ。東京都出身。

 

2010年に、デジタルハリウッド東京本校を卒業後、テレビ局のフリップデザイン等を手掛ける会社に就職。様々な経験を積み、プロ野球の横浜DeNAベイスターズの球団の職員へ転職。広報や球場演出の部署でインハウスデザイナーとして経験を積んだ。また、動画制作も仕事として受けるようになり、球場ビジョン用のCG動画制作等も手がけた。

 

本業の傍ら、2012年に横浜馬車道にオフィスを開設。個人的なグラフィックデザイン活動にも力を入れるようになる。フリーペーパー「馬車道人」を総合的に指揮し、その話題性は新聞やテレビなどでも取り上げられた。2014年に東京南青山にオフィスを移転し、新たにSTUDIO FNC Minami-Aoyamaを開設。

 

2016年4月「MOVE ON AGAIN!!」をテーマに、秋田県能代市への移住を決めた事を発表。能代市でバスケットボールをテーマにした街おこしを行う活動へと参画している。

 

また、STUDIO FNCも東京・秋田の2拠点体制とすることも同時に発表。

秋田能代で今までの経験をもとに、デザインと融合させた街おこしの活動を開始することにした。

 

他にも、インターネットラジオや自主制作動画制作を中学生の頃から続けている。デザインでは、特に、キャラクターデザインや、和風な色彩感覚を得意とする。2012年5月に開催した初の個展「馬車道FNCミュージアム」では、総合デザイン責任者として、個展開催を成功させた。

1988年生まれ、東京都出身。

 

2009年に代表の青田が始めたラジオに参加。その後、FNCオールスターズにもメンバーとして加入。STUDIO FNCの立ち上げ時は、広報担当として参画。2012年9月に副代表に就任。

STUDIO FNCの活動を支えている重要メンバーの一人である。

 

2014年にデジタルハリウッド東京本校を卒業。

2014年から2年間、プロ野球球団にて巨大ビジョン操作業務や、デザインサポートの業務を経験。

2015年後半に一身上の都合で一度、副代表を退任したが2016年に4月に、副代表に復帰した。

 

手書きのイラストを得意とし、独特なタッチで描くイラストは、一部で絶大な人気を得ている。

 

現在は、都内のデザイン会社でデザイナーとして活躍する傍ら、東京オフィスで青田のサポートを担当している。

2009年

10月:インターネットラジオ「フロリダナイトクルーズ」を放送開始。

10月:ネットラジオをYoutubeにて配信。FroridaNightCruiseチャンネル開設。

11月:ラジオ内で、FNCオールスターズ結成。メンバーは、青田ZAP・紋星ウッチー・山崎ジェシカ。初代リーダーに青田ZAP。

2010年

10月:インターネットラジオ1周年。

10月:ラジオ1周年を記念して初の自主製作映画「爆弾魔 青ノ丸極」を製作。監督は青田ZAP。

2011年

1月:ネットラジオ「謹賀FNC2011」を放送。初のお正月スペシャル。

2月:自主製作映画第2作目、青田ZAP監督作品「7人の刺客」を製作。

2月:初のスピンオフムービー「安全地帯」を製作。初監督に紋星ウッチー。

2月:渋谷PARCOのフリーペーパー専門店「OnlyFreePaper」に置いてもらう。

3月:東日本大震災発生。フロリダナイトクルーズの放送を休止する。

4月:ラジオをYoutubeからUSTREAMへ移行し、10分間から30分生放送開始。

4月:活動報告も兼ねたフリーペーパー「月刊フロリダナイトクルーズ」を発行。

5月:前代未聞のネットラジオ「フロリダナイトクルーズ12時間ラジオ」を放送。朝10:00~夜10:00まで12時間の生放送に挑戦する。

7月:FNCオールスターズの2代目リーダーに紋星ウッチーが就任。

8月:自主製作映画第3作目、青田ZAP監督作品「ミスター日光」を製作。

10月:フリーペーパー特集で、秋ドライブ企画を実施。横浜で個展を開く構想を発表。

10月:番組改編でネットラジオ「フロリダナイトクルーズ」が1時間生放送へと時間拡張。

12月:ネットラジオ「フロリダナイトクルーズ」年越しスペシャル放送を実施。

2012年

1月:ネットラジオ「謹賀FNC2012」放送内で新団体設立と、横浜に拠点を設立を発表。

2月:横浜馬車道に趣味の活動団体「STUDIO FNC」を設立。

     初代代表に臼木友洋が就任。副代表に青田竜之介が就任。横浜馬車道オフィスが誕生。

2月:STUDIO FNC設立を記念した撮影で、横浜のヘリコプターナイトクルージングに乗船。

3月:横浜馬車道のエリアを取材し、街に特化したフリーペーパー「馬車道人」を創刊。創刊号は万国橋の歴史を特集。

4月:ネットラジオ「フロリダナイトクルーズ」が2時間生放送へ変更。毎週土曜日、横浜馬車道スタジオから放送開始。

4月:自主製作映画第4作目、紋星ウッチー監督・脚本作品「横浜サーキット」を製作。

5月:横浜馬車道にて「馬車道FNCミュージアム2012」を2日間開催。

         ラジオとデザイン、動画のコラボした初の個展を開催。多くの来場者に恵まれる。

7月:「馬車道人」の設置場所に横浜マリンタワーが追加。

8月:ネットラジオ「フロリダナイトクルーズ」の年内終了を発表。

9月:デザイン活動を分けるため「BASHAMICHI ZAP」を設立。代表に青田竜之介が就任。STUDIO FNCの副代表に富田真央が就任。

10月:馬車道商店街のガスライトフェスティバルに「馬車道人」とコラボレーションしたフリーペーパーを配布。

            冊子内に初めて広告を掲載。

12月:ネットラジオ「フロリダナイトクルーズ」の放送を終了。3年2ヶ月続いた番組となった。

2013年

1月:ネットラジオ新番組「ハマルフィ」が放送開始。

3月:街への思いを形にする祭典「まちおもい帖」イベントに参加。「馬車道人」を「馬車道帖」として、特別編集。横浜YCCにて展示。

3月:「馬車道人」の話題性が広がり、東京新聞の取材を受け、掲載される。

5月:「みのもんたの朝ズバッ!」にて、京急ドレミファインバーターの消滅特集でBASHAMICHI ZAPの青田代表が出演。

4月:一通りの役目を終えたとのことで、「馬車道人」を休刊。

10月:「馬車道人」を次回まちおもい帖の参加にて最終号とする旨を発表。

10月:ネットラジオ「ハマルフィ」の放送が最終回。この日を持ってSTUDIO FNCのラジオ活動は全て終了した。

12月:東京・南青山への活動拠点移転を発表。

2014年

1月:BASHMICHI ZAPをSTUDIO FNCに吸収。STUDIO FNCの代表に青田ZAPが就任。副代表に富田真央が就任。臼木友洋が退任。

2月:横浜馬車道から東京・南青山オフィスへ移転。

3月:最後の「馬車道人」を発行。

3月:FNCオールスターズが活動休止を発表。

12月:STUDIO FNCのホームページをリニューアル。

2015年

1月:FNCオールスターズ活動再開と共に、Youtubeでの動画新番組の開始を突如発表。

5月:STUDIO FNC初の動画番組、FNCオールスターズの「こんな感じです」が放送開始。

5月:3年ぶりの映画製作を発表。

6月:FNCオールスターズ初の音楽作品「麒麟の翼」をリリース。映画「日本橋乱舞」主題歌に使用。

7月:3年ぶりの新作、青田ZAP監督作「日本橋乱舞」を公開。

8月:年末に日本橋への活動拠点移転を発表。同時に臼木友洋が臨時副代表就任予定を発表。

9月:STUDIO FNCサポートメンバーの募集を発表。

10月:FNC動画を2016年1月から「CINEMA FNC」へ名称変更し、動画事業の強化を発表。

12月:三代目のロゴを制定。新体制のSTUDIO FNCを発足。

2016年

1月:STUDIO FNC人事異動。臨時副代表に臼木友洋が就任。富田真央が役員を一時退任。

1月:FNC CLUBメンバーの募集を開始。

1月:動画活動の強化のため、STUDIO FNCのメディア活動を集約したCINEMA FNCを立ち上げ。

4月:STUDIO FNCのセカンドステージを発表。オフィスを東京・秋田の2拠点化を発表。

5月:STUDIO FNC東京オフィス・秋田オフィスをオープン。

5月:本格的な新体制を開始。副代表に富田真央が復帰、就任。2016年1月からの暫定体制を終了のため、臼木友洋が正式に退任。

5月:東京オフィス担当を富田、秋田オフィス担当に青田が就任。青田代表が秋田県能代市へ移住。

5月:FNCオールスターズの「こんな感じです」最終回を配信。1年間の放送を終了する。

6月:新番組、青田ZAPの「FEEL SO NICE-いい感じです-」がスタート。

7月:秋田・能代市で9月にプロジェクションマッピングを開催することを発表。

9月:制作から実施までを行った秋田・能代市で初のプロジェクションマッピングを実施。多くの来場者に恵まれた。

9月:Fuupu×BASKETBALL PROJECTを立ち上げ。新規事業としてスポーツ演出へ挑戦することを発表。

9月:能代市総合体育館で10月に行われる秋田ノーザンハッピネッツ公式戦でBリーグ企画展示の実施を発表。

9月:CNA秋田ケーブルテレビ「シローくんといっしょ」番組編集を担当することが決定。

9月:2016年12月をもってFNCオールスターズの解散を発表。9月より12月までは活動休止期間とする。

10月:わたしのマチオモイ帖大阪展に約3年振りに参加決定を発表。新冊子での参加となり、フリーペーパー事業の再開。

10月:ABS秋田放送news every.に青田が出演。

10月:秋田ノーザンハッピネッツ公式戦でBリーグ企画展示を実施。発行した冊子は予定数を全て配布。

12月:わたしのマチオモイ帖大阪展にSTUDIO FNCが製作した〝能代大森山帖〟を出品。展示される。

12月:ピコ太郎LINE公式スタンプの第二弾の40個の中の1つに弊社青田の描いたイラストが選ばれる。

12月:FNCオールスターズ解散。

2017年

1月1日:STUDIO FNCのロゴマークを修正。コーポレートカラーを黄緑・紫へ変更。

1月7日:ホームページをリニューアルオープン。リニューアルは2年振り、過去最大の全面リニューアルとなった。

1月26日:オリジナルブランド「Moon Tail Heart」をリニューアル。

2月13日:LINEクリエイターズで、STUDIO FNC初のフップ・フッカの着せかえを販売開始。

Copyright © 2009-2017 STUDIO FNC All Rights Reserved.